乳酸菌の基礎知識

私の乳酸菌

生物は、外から栄養源を得て、分解・吸収をすることで自分の活動エネルギーを得ており、このエネルギーに転換することを代謝と言います。

乳酸菌も生物であるので栄養源を得て代謝をしていますが、代謝をする時に産生する代謝物が乳酸と呼ばれる有機酸であり、この乳酸を産生する細菌を総称して乳酸菌と呼びます。

乳酸菌は自然界に広く分布しており、乳酸菌の代謝による発酵や醸造と呼ばれる食品加工法は古くから人類により利用されてきました。

そして、一部の乳酸菌は人間の腸内で生存する事が可能で、腸内で代謝物である乳酸を産生する事が人間の健康に大きく影響を与えます。

乳酸菌の種類

生物学的には乳酸菌と分類されているわけだはなく、代謝により乳酸を産生し、腐敗物質を産生しないものに対して呼ばれる呼称です。

分類としては、代謝物質が乳酸だけのものをホモ乳酸菌、乳酸以外にもアルコールや酢酸などを産生するものをヘテロ乳酸菌と2種類に分類されています。

細菌の形状からの分類としては、球状であるものを乳酸球菌、楕円形の形状である物を乳酸桿菌と分類されています。

乳酸菌の特性としては、通常の細菌は酸性の条件下では生存できないが、乳酸菌は酸性の条件下でも増殖する事が可能です。

代表的な乳酸菌

ラクトバシラス属・・・「乳酸桿菌」「ヘテロ乳酸発酵」

特徴:哺乳類の消化管に多く棲息する人間にとっての常在菌である。また、古くからヨーグルトなどの乳発酵食品の製造などにも利用された。

ビフィドバクテリウム属・・・「乳酸桿菌」「ヘテロ乳酸発酵」

特徴:ビフィズス菌と呼ばれる菌種で人間にとっての常在菌で、乳児の消化管内では最も多い腸内細菌として存在する。

エンテロコッカス属・・・「乳酸球菌」「ホモ乳酸発酵」

特徴:人間の常在菌で、主に回腸、盲腸、大腸に常在している。菌体の免疫賦活能力が高いことで知られる。

ラクトコッカス属・・・「乳酸球菌」「ホモ乳酸発酵」

特徴:乳製品の発酵過程で利用される乳酸菌で、牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品に多く原料として利用される。

ペディオコッカス属・・・「乳酸球菌」「ホモ乳酸発酵」

特徴:植物に存在する乳酸菌で、植物を利用した発酵食品に多く含まれる。

リューコノストック属 ・・・「乳酸球菌」「ヘテロ乳酸発酵」

特徴:植物を利用した発酵食品に多く含まれる乳酸菌で、ワインの加工工程で利用されている。

腸内細菌と腸内環境

乳酸菌の中でも、ラクトバシラス属とビフィドバクテリウム属は、ヒトの消化管内や女性の膣内に常在することが知られ、棲息している場所を酸性に保つので酸性の環境を嫌う悪性の細菌の増殖を抑えます。

この作用は、腸内だけではなく膣などではデーデルライン桿菌と呼ばれる菌種は、女性の膣に常在して雑菌から守るバリヤーの役割を果たしています。

乳酸菌と食べ物

乳酸菌は古くはメソポタミア文明の文献からも散見できる通り古くから人類によって食品の製造に利用され、防腐、味付け、香り付けに役立つことは古くから知られていました。

この乳酸菌の利用は世界各地にみられ、チーズ、ヨーグルト、キムチ、浅漬け、ピクルス、ザワークラウト、酒なども乳酸菌の発酵を利用した加工食品です。

牛乳にはビタミンCが含まれていませんが、乳酸菌発酵によりビタミンCも産生されるため、ヨーグルトにはビタミンCが含まれます。

乳酸菌の効果

乳酸菌の産生する乳酸と呼ばれる有機酸は、腸内を酸性に保つことで、腐敗成分を産生する悪玉菌の増殖を抑えます。

更に、この乳酸が腸内で産生されると免疫機能を活性化させることも最近の研究で分かってきました。

乳酸菌生産物質

生物は栄養を外部から取り込み分解して吸収する事で生命を維持しています。

乳酸菌も人間の腸内で同様に栄養を取り込み分解することでエネルギーを得ており、このエネルギーを取り出すことを代謝と言います。

乳酸菌は腸内で栄養を得ていますが、人間と同じものを栄養源にしているのでしょうか?

人間と栄養源が同じだと、乳酸菌が存在する大腸に届くまでに人間の腸が吸収してしまい、栄養源が届かないはずです。

実は、乳酸菌は人間の腸では吸収されない難消化性の物質を栄養源にしているため、人間と栄養源が重ならないのです。

では、乳酸菌がエネルギー源としている難消化性の物質が何かと言うと、オリゴ糖や食物繊維で人間はこれを分解できないので、分解吸収されずに腸まで届き乳酸菌のエネルギー源となるのです。

このオリゴ糖や食物繊維を乳酸菌が分解吸収する代謝の過程で、有機酸と呼ばれる物質を生成します。

有機酸には、乳酸、酢酸、酪酸などがあり、これら乳酸菌が生成する物質を乳酸菌生成物質と呼ぶのです。

乳酸菌生成物質の効果

乳酸菌生成物質である有機酸は、腸内を酸性に保つので酸性の環境を嫌う悪玉菌が減少します。

また、こられ有機酸は免疫器官を刺激するため免疫力が向上し、腸にも刺激を与えるため便通異常の改善にも効果を発揮します。

ここまで読まれた方は、では「乳酸菌を摂取しないで、乳酸菌生成物質を摂取すれば良いのではないか?」と考えるかもしれません。

実は、その考えは間違っています。

「乳酸菌生成物質を直接摂取しても意味がありません。」

乳酸菌生成物質を口から摂取しても、途中で分解吸収されてしまうため、これら期待される効果が生まれません。

「大切なのは生きた乳酸菌が腸内で乳酸菌生成物質を生成しなければならないのです。」

ですので、まずは腸まで届く生きた乳酸菌を摂取する事、そしてその乳酸菌は腸まで届く強い乳酸菌を摂取しなければなりません。

そして、その乳酸菌のエネルギー源となるオリゴ糖や食物繊維も一緒に摂取するのです。

そうすれば、腸まで届いた乳酸菌が腸内で乳酸菌生成物質を産生し、様々な健康効果を及ぼすのです。

おすすめ乳酸菌サプリ

乳酸菌の様々な効果は、乳酸菌が生きて腸まで届き乳酸を産生する事で健康に資する効果が得られるので、サプリメントを選ぶ場合は胃酸や熱に負けない強い乳酸菌を原料とするものを選ばなければなりません。

乳酸菌に関する投稿記事

症状に関する投稿記事

用語集

最新記事

PAGE TOP ↑