乳酸菌の効果|どのようなメカニズムで健康に作用するのか?

効果を説明する女性

乳酸菌は健康に良いという認識は広まっていますが、どのようなメカニズムが働いてどのような効果がもたらされるのかまで知っているかたは多くは無いのではないでしょうか?

乳酸菌は腸内細菌の一種

人間の腸内には約100種類、100兆個の細菌が存在し、重さにするとなんと1kg以上もあります。

この多様な腸内細菌は、役割に応じて三種類に分類されます。

善玉菌

乳酸菌やビフィズス菌が善玉菌に分類され、大腸内で有機酸と呼ばれる栄養素を産生したり、人間が合成でき無いビタミンを合成したりします。

悪玉菌

ウェルシュ菌、腸球菌などがこれにあたり、人間が食べた脂質やタンパク質を分解し、インドール、スカトール、アミンなどの有害物質を生成します。

日和見菌

普段は無害な存在ですが、腸内の細菌バランスが悪玉菌優勢になると悪玉菌に加勢し有害な働きをします。

乳酸菌は善玉菌

乳酸菌は、人間が消化でき無いオリゴ糖や食物繊維を分解して、乳酸を産生しますがこのような代謝物として乳酸を産生する細菌を乳酸菌と言います。

この代謝物は、人間の健康に様々な有益な働きをすることから、乳酸菌は人間に有益である善玉菌に分類されています。

乳酸菌には、腸内環境を正常化する働きがあり、この効果は広く知られていますがその他にも様々な健康効果がありますのでここで紹介を致します。

乳酸菌が生成する物質|乳酸・酢酸・酪酸などの有機酸

生物は外部から有機物を摂取し、分解吸収しますがその際に生じるエネルギーを活動にりようしています。

乳酸菌は糖質を分解し代謝することで、菌体成分を合成したり生育に必要なエネルギーを取得しておりその代謝物として乳酸を産生します。

自然界ではエネルギーは熱の形で放出されますが、生物は獲得したエネルギーをいったん高エネルギー化合物と呼ばれる有機物質中ためておいて必要な時に使います。

糖質の代表例であるぶどう糖を例にあげると、ぶどう糖が分解され、1分子のグルコースから2分子の乳酸を生じ、2分子の高エネルギーを得る過程を解糖と言います。

この代謝経路を解糖系と呼びぶどう糖から乳酸を産生するまでに酵素が関与します。

この過程は乳酸菌特別のものではなく生物に共通するエネルギーを生み出す仕組みです。

動物では代謝により、分子状酸素を消費し、最終的には二酸化炭素と水に分解されます。

この経路は酸素呼吸系と呼ばれ、完全に酸化されると36~38分子の高エネルギー化合物を生成します。

乳酸菌による糖質の発酵は、2種類の経路があり、ホモ乳酸発酵は単糖1分子から2分子の乳酸を生成し、消費された糖のすべてを乳酸に変換しヘテロ乳酸発酵では、乳酸のほかにエタノールと二酸化炭素を生成します。

ビフィズス菌による糖質の代謝経路は通常の乳酸菌とは異なっていて、ヘテロ乳酸発酵の一種で代謝します。

乳酸菌の菌種によってこの代謝は、ヨーグルトの製造に用いるブルガリア菌はホモ乳酸発酵、発酵クリームやカテージチーズ用のスターターに含まれる菌はヘテロ乳酸発酵、ワインの減酸で風味改善に寄与するオエノコックスもヘテロ乳酸菌です。

ラクトバチルス属は有用な菌種を多数含む重要な乳酸菌グループですが、ホモ型乳酸菌とヘテロ型乳酸菌が混在します。

腸管免疫と腸内細菌|乳酸菌の産生させる有機酸が免疫を刺激する

腸管免疫

免疫とは外部から侵入する異物を排除する仕組みですが、腸管免疫系を構成する免疫細胞や抗体の数は全免疫系の50%を超える程強力な器官ですが、人体に必要な物に対しては反応しません。

腸管免疫系は経口摂取で入ってきた食品に含まれる抗原が引き起こす過敏な免疫現象である食品アレルギーが起こらないように経口免疫寛容と呼ばれる判別をしています。

経口免疫寛容の機構

経口免疫寛容とは、口から入った食品必要な成分には過敏な疫反応を起こさないという現象で、簡単に言えば食品アレルギーを抑えるメカニズムです。

口から入る抗原の量により、量が多い場合はT細胞をマヒ状態にし、低量では免疫反応を抑制するのがそのメカニズムです。

麻痺状態のT細胞では抗原提示細胞から細胞内で起こるT細胞活性化のための細胞情報伝達経路のうち、カルシウムを介する経路が抑制されている状態になっています。

免疫反応の抑制に関わる細胞として抑制性T細胞が提唱されていますがまだ確認できていません。

腸内細菌

腸内に生息する細菌は100兆個ともいわれ、その種類は1000種以上にものぼり、ほとんどは大腸に生息する嫌気性菌でその重量は1.5kgにも達します。

ヒトの腸内細菌を構成する主要菌群は、嫌気性菌が多く、ほとんどは大腸に生息しなかには乳酸を代謝生産する乳酸菌も多く含まれます。

これら腸内中の細菌の数や種類、すなわち腸内フローラ(腸内微生物叢)は様々な要因の影響を受け食生活の違い、ストレス、加齢も腸内フローラ形成に影響を与え構成している菌間のバランスのとれた相互関係も腸内フローラの形成に大きな影響を与えます。

以上のような複数の要因のバランスがとれていれば、個人にとって最適の腸内フローラが形成されることとなる。

しかし、そのバランスが崩れると生体側の免疫系にも影響を与え多くの疾病の原因となる。

その疾病として、感染症、アレルギー、炎症性大腸炎、がん、肥満、さらには自閉症があげられている。

腸管免疫に対する腸内細菌の影響

腸管免疫の小腸免疫系を構成しているのはパイエル板、腸管上皮、粘膜固有層、腸間膜リンパ節などがあり腸内細菌が関係しており、重大な役割を果しています。

口から入った抗原が小腸に達すると、小腸免疫系でIgA産生や経口免疫寛容など免疫反応を起こします。

大腸の免疫系としては大腸の小腸との大きな違いは、大腸に共生している大量で多種類の細菌群で大腸においては腸内細菌と共生するための独自の免疫系が存在します。

小腸の免疫系は口などから侵入してくる病原細菌などの侵入を防ぐためのもので大腸の免疫系は病原細菌が小腸を通り越え、大腸に達した場合、小腸に比べて顕著に多い大量の腸内細菌群がこれを防ぐ役割を果しています。

大腸の免疫系には多くの腸内細菌を共生させるしくみがあり、共生の破綻すると疾病の引金となります。

ヒトにおいて特定の腸内細菌がアレルギーの抑制と関係していることを示唆する研究があるようで腸内細菌は免疫系の成熟が必要なときはこれを促進し、と同時に免疫が過敏状態になるとこれが行き過ぎて炎症を引起し、からだの健康をそこなわないようにこれを抑制している。

プロバイオティクス乳酸菌の免疫系に対する作用が注目されNK細胞などの応答を活性化させる作用を有し、またIgEの抗体産生を抑制し、アレルギー反応を抑える作用があると考えられています。

また、これらプロバイオティクス乳酸菌は下痢、便秘症状の改善効果があると考えられています。

便秘、感染、過敏性腸疾病群、アレルギー等々の疾病への効果についてはヒトにおいて臨床試験が続けられており、風邪やインフルエンザなど呼吸器系の感染が減少するのに有効であるとする報告も多いようです。

アレルギーの予防作用は、動物で実験した結果プロバイオティクス乳酸菌を投与すると、アレルギーが起こしにくい状態に回復する結果があるとされます。

人間においても、プロバイオティクス乳酸菌を妊婦、新生児に投与したところ、アトピー性皮膚炎の発症率が半減したとの報告があるようです。

腸内細菌との共生は長く、共に影響しあって進化してきており、この環境を維持する事が健康につながることは疑いようの無い事実なのです。

乳酸菌の便秘解消効果

便秘の原因は、食習慣の乱れや運動不足、腸内環境の悪化がほとんどで、腸内環境が悪化し悪玉菌が増えると腸にダメージを与え便を送り出すぜん動運動が弱まり、更に便秘を悪化させます。

便秘が慢性化するとこのような悪循環が始まりなかなか抜け出せなり、下剤などの薬に頼ることで腸の活力を更に弱める選択をされるかたが多いようです。

乳酸菌が大腸内で、乳酸、酪酸、酢酸などの有機酸を産生すると、この有機酸は腸に活力を与えるので停滞していた腸が再び活発に動き始めます。

また、これら有機酸は腸内を酸性にするので、酸性の環境が苦手な悪玉菌を減らし、腸内環境を改善します。

美肌・美容への効果

悪玉菌は、人間が食べた脂質やタンパク質を分解、代謝し毒素を生成します。

これらの毒素は腸壁に吸収されると血流に乗り全身を巡ることから身体の各部に運ばれます。

この毒素が肌の細胞にも運ばれるとニキビや肌荒れが生じます。

便秘になるとニキビなどの肌荒れに悩まされる理由はこの毒素が原因なのです。

乳酸菌を増やすことで、悪玉菌を減少させることができるので腸内環境を整え肌のトラブルも解消します。

免疫機能の正常化

腸は、免疫機能を役割とする細胞が全体の約6割も集約され免疫の重要な器官です。

腸内環境が悪くなり悪玉菌が増えると腸にダメージを与えることから免疫機能も低下します。

免疫機能が低下すると、健康な時には免疫が排除する様々な病気にかかりやすくなります。

乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が増え腸内環境が改善されると、免疫力も上がるのでインフルエンザだの感染性の予防にもなります。

アレルギーの緩和

アレルギーは免疫機能の過剰反応が原因となります。

免疫は、免疫反応により外部から侵入した異物や外敵を除去しようとする働きですが、本来は無害な物質に対しても免疫が過剰に働いてしまうことがあり、これをアレルギーと言います。

アレルギーは免疫細胞のTH1とTH2のバランスの乱れが原因となりますが、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が腸内で生成する代謝物はこれら免疫細胞のバランスを正常化させる働きがあるとされます。

そのような理由から、アレルギーの緩和効果が期待されています。

花粉症の緩和

花粉症は、アレルギー症状が目や鼻に出た時の状態で、鼻や目などの粘膜から花粉が入ってくることに対して、身体が過剰に免疫力を働かせてしまうことが原因です。

ですので、乳酸菌のアレルギー緩和効果に期待できます。

アトピーの緩和

元々肌が弱い方が、ストレスなどの原因で免疫細胞のバランスが崩れた時に発症するとされ、アレルギー反応が肌に出た状態を指します。

これも、乳酸菌のアレルギー緩和効果に期待できます。

人間が合成でき無いビタミンの合成

乳酸菌は腸内で有機酸を生成する以外にも人間が合成でき無いビタミン類と合成することができます。

乳酸菌は腸内でビタミンB群やビタミンKや葉酸などを合成し、ビタミンB2は鼻や口の粘膜を守る働きがあり、代謝が促進して美容にも効果が期待でき、ビタミンKは、骨の強度を高め、血液を固める働きがあります。

そして、女性にとって大切な栄養素の一つに葉酸があり、不妊治療中や妊娠初期にはとても重要な栄養素といわれ不足すると貧血や免疫機能が低下してしまいます。

これらのビタミンや葉酸は人間が自分で合成できないので、善玉菌である乳酸菌の助けを借りなければなりません。

むくみ

おなら

体臭

下痢

ダイエット効果

殺菌力

乳酸菌は、直接他の細菌を攻撃するようなことはありません。

ただ、乳酸菌にはある意味殺菌効果があるとも言えます。

それは、乳酸菌自体にあるというよりも乳酸菌の代謝物にその力があるのです。

また、殺菌力に関しては2種類あり、食品加工の段階で乳酸菌を添付させることによる食品添加物としての殺菌力、もう一つは腸内で有害菌である悪玉菌を減らす殺菌力があります。

乳酸菌を利用した食品の保存力を高める方法は古来から知られており、様々な乳製品の加工に使用されています。

乳酸菌が腸内で発揮する殺菌力は比較的新しい発見で、最近の様々な研究で明らかになりました。

では、この乳酸菌が腸内で発揮する殺菌力についてこれから解説をしていきます。

腸内には腸内細菌と呼ばれる様々な種類の細菌が住んでおり、大きく分けると人体に有益な善玉菌、人体に有害な悪玉菌、どちらでもない日和見菌の3種類の菌が存在します。

善玉菌は、乳酸菌やビフィズス菌などの有益菌でこれらの菌は人体に有益な働きをしますが、悪玉菌と呼ばれる大腸菌、ウェルシュ菌、腸球菌などは有害物質を産生し人体に有害な影響を与えます。

そして、この悪玉菌はアルカリ性の環境を好み酸性の環境は苦手なのです。

乳酸菌が腸内で代謝をすると有機酸と呼ばれる乳酸や酢酸などの単鎖脂肪酸を生成します。

この乳酸菌が生産した有機酸が腸内を酸性に保つため、腸内の悪玉菌を減らす効果があるのです。

サプリメント

PAGE TOP ↑