アレルギー|免疫細胞の暴走が引き起こす様々な症状

アレルギー

乳酸菌とアレルギーの関係ですが、まずアレルギーについて述べておきましょう。

アレルギーとは、体の外、外部からの異物に対して起こる反応のことです。

例えば卵アレルギー、乳製品アレルギー、小麦アレルギーなど色々なものにアレルギー反応が出る人がいます。

これは体がこれらの物質を「異物」として認識しているために起こる現象です。

つまりアレルギーとは免疫力によって起こる症状なのです。

免疫とは

人間には外部から侵入する病原体や異物を排除する仕組みがあり、その仕組みを免疫と言います。

人間の免疫システムを支えているのが、Bリンパ球、Tリンパ球、マクロファージ、NK細胞という4種類の細胞です。

Bリンパ球

Bリンパ球は別名、抗体産生細胞とも呼ばれ、ウィルスなどに感染するとウィルスを記憶し次に感染した時に早やかに抗体を産生することで再感染を防ぎます。

Tリンパ球

Tリンパ球は別名、免疫調節細胞とも呼ばれ免疫応答を助けるヘルパーT細胞、サプレッサーT細胞、とウィルスに感染した細胞を除去するキラーT細胞に分類されます。

マクロファージ

マクロファージは別名、貪食細胞とも呼ばれ、細菌やウィルスなど外部から侵入した病原体を捕食し死滅させ、その病原体の情報をヘルパーT細胞に伝えます。

NK細胞

NK細胞は常に台内を巡回しており、病原体やガンになった細胞を見つけると単独で攻撃します。

免疫細胞の中で最初に侵入者を攻撃する役目を担っており、NK細胞が侵入差に負けるとBリンパ球、Tリンパ球、マクロファージにバトンタッチをします。

免疫の仕組み

これらの免疫細胞は生まれた時には既に備わっている免疫システムです。

外部からウィルスが侵入するとまず、NK細胞が出動しますがこの段階では身体には何の症状も出ません。

この段階で、NK細胞が負けてしまうとBリンパ球、Tリンパ球、マクロファージへバトンタッチしますが、この時に身体には様々な発熱や痛みなどの症状が出ます。

マクロファージにより侵入したウィルスの構造についての情報がTリンパ球に伝えられ、Bリンパ球によりそのウィルスに適した抗体が作られます。

そして、1回感染して免疫により完治すると作られた抗体の情報やウィルスの情報が記憶され次に同種のウィルスが侵入した時はすぐにこの抗体が増産され早ややかにウィルスが排除されます。

ウィルスの予防に使われるワクチンは、この免疫の仕組みを応用して作られています。

アレルギー反応とは

アレルギー発生の仕組みとは、外部から侵入した異物を排除する時に産生させる抗体に身体が過剰反応することがアレルギー反応です。

抗原が花粉であったり、ハウスダストであったり、食品であったりすますがアレルギー発症のメカニズムは同じです。

食品アレルギー

食品アレルギーは卵、牛乳、小麦、そば、など特定の食べ物を食べた後に、アレルギー症状が起こることを言います。

皮膚症状で、かゆみ、じんましん、湿疹など

眼の症状として、結膜充血、かゆみ、や浮腫など

口の症状としては、口の違和感や喉のかゆみなど

重篤な場合は、消化器症状として嘔吐、下痢、血便、呼吸器症状として呼吸困難、咳など、多臓器に症状が出るアナフィラキシ―ショックなど死につながる場合もあるので軽視できなりアレルギー症状です。

食物アレルギーが発症するメカニズムは、原因食物のタンパク質を腸内でアミノ酸まで分解できず、タンパク質のまま吸収してしまうことです。

これは人間の体を作っているタンパク質とは違うタンパク質で、消化器官で消化することが難しく、そのために「異物」であると体が認識し、抗体を産生してしまいアレルギー症状を起こすのです。

特に幼児、子供は消化器官が未発達なこともあって、これにより腸内部が過剰反応を起こし、アレルギーが発症するとも言われています。

そのため、この状態で起こったアレルギーは成長すると治ることがあります。

花粉症

花粉のような分子量の2万倍近く大きな物質が体内に侵入し、これを異物と判断した免疫システムにより抗体が産生され、アレルギーを発症します。

この抗体は肥満細胞の表面に付着すすることで産生されますが、肥満細胞は身体の各所に存在し、花粉が侵入する鼻や口にも存在します。

肥満細胞にこの抗体は付着しやすく、付着するとやがて肥満細胞が破れ、細胞成分であるヒスタミンやセロトニンが体内にばらまかれ、この刺激が粘膜に炎症を起こします。

このようなことから、花粉が目、鼻、口に付着するとくしゃみ、涙、鼻水が出てくるのです。

質問:乳酸菌は花粉症に効くのか?

友人が腸まで届くという乳酸菌を毎日食べて楽になったと聞き、私も花粉症に効く乳酸菌を探しています。

花粉症に効く乳酸菌があればどれが一番効くか教えて下さい。

回答

人体には外部からの外敵や異物から体を守る免疫機能があります。

免疫は通常は有害なものだけに反応する仕組みですが、なんらかの原因で無害な杉花粉などで反応する過敏な状態になる場合があります。

免疫は正常に働いている場合は、無害なものと有害なものを判別できますが、アレルギーの状態の人はその免疫機能が過剰反応をしていると考えたら良いでしょう。

つまり、自分の体の一部や無害なものを外敵と勘違いし外に出したり排除しようと免疫が勘違いをしてしまった結果がアレルギーなのです。

この免疫の過剰な反応をアレルギーと言い、目や鼻で起こると花粉症、気管支で起こると喘息、皮膚で起こるとアレルギーとなります。

花粉症はこれら免疫の過剰反応によるアレルギー反応の中の目や鼻で起こるタイプです。

花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を起こすのはTh1とTh2という2種類の免疫細胞のバランスの崩れた場合ですが、乳酸菌にはこれら免疫細胞のバランスを正す働きがあることがあるのです。

どの乳酸菌も同様の働きがありますが、腸まで届かないと効果を発揮できないので、腸まで届く乳酸菌を選ぶと良いでしょう。

アトピー

前述した、肥満細胞は皮下にも多く存在し、乾燥肌など元々肌が弱い人は肌の隙間から雑菌などが入り、抗体が多く産生され、肥満細胞が破けることで皮膚に症状が出たものです。

乳酸菌はアトピーに効くのか?

人間は外部から栄養を摂取してエネルギーを得ている関係上、食品や空気などを通して細菌やウィルスなどの病原体が入るリスクを常に抱えています。

また、毎日大量に癌細胞発生しているのに簡単にはガンになりません。

これら、人体に有害なものを察知して排除する仕組みが人間には備わっており、その仕組みを免疫と言います。

免疫は全てのものに反応しないように、無害なものと有害なもの、自己と非自己を判別する機能が備わっていますが時々誤作動を起こして無害なものや自己の細胞を攻撃してしまう事があります。

この免疫の誤作動をアレルギーと言い免疫の過剰反応で、花粉が原因で目や鼻に出るものは花粉症、肌に出るものはアトピー性皮膚炎と呼ばれています。

健康な人の肌では、表面の角質層に十分な保湿成分やアミノ酸やセラミドなどの油分を持っており、これらの成分が外敵の侵入を防ぐバリアの役割を果たしています。

アトピー性皮膚炎になると、保湿成分やセラミドが減少し乾燥肌の状態になり、バリア機能が低下して、アレルギーの原因となるアレルゲンや微生物が侵入し様々な症状を引き起こします。

ちょっとした刺激でかゆみが出ることから、患部を掻いてしまい、バリア機能がさらに破壊され、炎症を起こしてさらにかゆみがひどくなるという悪循環になります。

このアトピー性皮膚炎の原因となっているのが、免疫細胞であるTh1細胞とTh2細胞のバランスの崩れであるとされます。

乳酸菌が腸内で生産する有機酸は、これら免疫細胞のバランスを調整し、アレルギーを低減する効果があることが知られています。

ただし、これらは生きた乳酸菌が腸内で働くことが必要なので、腸まで生きて届く胃酸に負けない乳酸菌、例えば有胞子乳酸菌、植物性乳酸菌、ビフィズス菌など強い菌を選ぶことが必要です。

腸管免疫

腸ですが、腸管免疫と言って体の消化器官の免疫の七割を腸が占めています。

ですから健康的な人でも腸内環境が荒れることによって免疫力の低下が見られ、風邪などにかかりやすくなってしまうのです。

そのため体の免疫力の過剰反応、低下、正常化、殆どが腸にかかっていると考えられています。

アレルギーと乳酸菌

さてアレルギーについて話したところで、最近話題になっている乳酸菌がアレルギーに効くのか、という話に移りましょう。

乳酸菌、これは様々な種類があり、人間の腸内の環境を改善してくれる存在です。

その他にも体に必要な成分を作り出したり、代謝を良くしたり、免疫力を高めたりと私達人間にとって重要な働きをしてくれる菌です。

乳酸菌が腸内で産生する乳酸には、腸内環境を改善するだけではなく、免疫機能を調整しアレルギー反応を抑える働きがあることが最近の研究でわかってきました。

ただし、食物アレルギーの人は加工食品やサプリメントは危険なので避けましょう。

現代ではサプリメントなどでも十分に乳酸菌は摂取できるので、まずは医師に相談の上、ゆっくりと体内を改善していきましょう。

PAGE TOP ↑