おなら|腸内で細菌により排出されたガスや飲食時に胃に入った空気

おならをする女性

質問:乳酸菌はおならを解消するのか?

回答

色々な事に悩んだ時は、家族や友人に相談すると解決のヒントを得られることがしばしばです。

ただ、おならのように恥ずかしい話題ってなかなか相談できませんよね。

おならには、呼気で吸い込んだ空気や食事のしかたによって余分に吸ってしまった空気の他に、腸内で悪玉菌と呼ばれる腸内細菌が発生させる臭いガスが原因になる場合があります。

余分に吸いこんでしまった空気であれば、食事の仕方を工夫すればおならは減らせますが、腸内の悪玉菌が発生させるガスの場合は腸内環境を改善させこのガスの発生を抑えなければなりません。

腸内には善玉菌と悪玉菌が存在し、善玉菌は人体に有益な代謝物を生産し、悪玉菌は人体に有害な代謝物を生産します。

おならが臭い場合は、腸内の細菌バランスが崩れ、悪玉菌が優勢な状況になっている事が考えられます。

悪玉菌はたんぱく質や脂質を栄養源として取り込み、代謝物としてアンモニア、インドールやスカトールなどの悪臭の原因となる物質を腸内で発生させます。

肉類を食べすぎると、臭いおならが出るのはこの腸内の悪玉菌がその食べかすを腸内で腐敗させているからです。

また、便秘などで便が大腸で長時間滞留するとこれら悪玉菌が便を腐敗させ有害物質を発生させます。

ですので、この悪臭を放つおならを減らすには腸内の細菌バランスを善玉菌を優位にして、悪玉菌を減らすようにしなければなりません。

悪玉菌はアルカリ性を好み酸性の環境では増殖が抑えられ減少しますが、善玉菌と呼ばれる乳酸菌やビフィズス菌が腸内で産生する有機酸を腸内を酸性にするため悪玉菌が減少します。

ですので善玉菌を増やせば悪玉菌が減り、悪玉菌が発生させる悪臭を放つガスも減少するのです。

腸まで届く強い善玉菌を摂取するのはもちろんですが、善玉菌を増やすオリゴ糖や食物繊維も一緒に摂るとより効果的です。

PAGE TOP ↑