腸内細菌と腸内環境|人にはそれぞれ細菌のバランスがあり、健康状態を左右する

医療手袋

腸内フローラ、腸内細菌そうについての説明をしましょう。

私達の腸内には100種類以上もの細菌が大量に住み着いています。

その菌達は主に種類ごとにまとまって腸内の壁に張り付いています。

この様子がまるで花畑=フローラのように見るということで、腸内フローラと呼ぶのです。

ではこの腸内フローラはどのようにして作られていくのか?

私達が産まれた時、産まれ落ちた瞬間から腸内フローラは作られていくのです。

私達人間は母体内にいる時は母親に守られています。

この状態ではまだ腸内フローラは存在しません。

完全な無菌状態にあるのです。

ですが出産と同時に、体内には大腸菌などの細菌が入り込みます。

その後、母乳によって善玉菌が体内に取り込まれます。

この時の善玉菌の代表は、ビフィズス菌と言われています。

そして成長するにつれて母乳から離乳食へと変化していきますね。

この時から、直接食べ物を摂取するようになります。

その食べ物から色々な菌を摂取し、私達の腸内フローラは決定するのです。

要するにどんなものを食べてきたかで腸内フローラは変わります。

その人その人で固有の腸内フローラを持っている、ということになるのです。

そして生活していく上でこの腸内フローラは、老化、もしくは生活習慣などで段々と変化していくことになります。

まず老化、年齢を重ねるごとに腸内フローラは悪玉菌が増加していってしまいます。

この時特に増えるのは悪玉菌の中でも、ウェルシュ菌だと言われています。

食中毒で有名なあのウェルシュ菌です。

これが増えるだけでなく、老化と共にビフィズス菌が減少していきます。

これにより老化で腸内フローラは悪玉菌が増えやすくなり、腸内環境が悪化しやすくなるのです。

年配の人は乳製品が苦手だったり、摂取しにくかったりするので、出来るだけ周囲の人が積極的に乳酸菌を摂れるようにして上げたいですね。

もしくは、植物性の乳酸菌を摂取するのも効果的です。

さて、この腸内バランスが崩れるのは何も老化だけが原因ではありません。

若い人でも生活習慣が乱れていたり、ストレスの多い生活をしていると腸内フローラはあっという間に悪玉菌が占拠してしまいます。

ストレスが溜まると風邪を引きやすくなったり、体調を崩したりしますよね?

免疫力の低下は、腸内フローラが乱れている証です。

まだ若いから大丈夫、なんてことはありません。

例え貴方の年齢がいくつであっても、腸内環境に気を配った生活をして下さいね。

関連記事

腸内フローラと健康|1000種類の腸内細菌のバランス

目次1 腸内フローラとは2 腸内フローラの腸内菌の代謝による影響3 腸内フローラと肥満4 腸内フローラと感染5 腸内フローラと健康 腸内フローラとは 人間の消化管には1000種類の腸内細菌が住んでおり、糞便1gあたりに1 […]

プロバイオテイクスの健康効果|腸内細菌の特性を利用し健康の増進をさせること

プロバイオティクスのプロは有用菌が有害菌を抑えることを意味し、反対語としてアンチバイオティクスがありこれは抗生物質を指します。 乳酸菌とビフィズス菌など人体に優的な菌はプロバイオティクスとされる菌種で、これら菌種の機能が […]

腸内環境改善法|細菌バランスを最適な状態にすることで得られる効果はたくさん

人間には免疫と言う防御機能が備わっており、免疫組織の約7割が腸に集中しているとされます。 つまり腸内環境は、いかに人間が健康に暮らすかと密接な関係があるのです。 免疫は外部から侵入する細菌やウィルスを排除しますが、腸内に […]

腸内細菌の種類(人体に有益な善玉菌・人体に有害な悪玉菌・どちらでもない日和見菌)

私達人間の腸内環境、腸内フローラには善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌と三種類に分類される菌が在住しています。 その全部ともなると膨大な数になってしまいますので、いくつかの代表される菌を紹介していきたいと思います。 目次1 […]

善玉菌を増やす方法(大腸までしっかり届くオリゴ糖・食物繊維)

細菌を体内や周辺から排除する考えをアンティバイオティクスと言いますが、それとは逆に人間に役立つ細菌を体内に取り入れ役立てると言う考え方をプロバイオティクスと言います。 腸内に飲食物を通して乳酸菌やビフィズス菌を摂りこんで […]
PAGE TOP ↑