腸内フローラと健康|1000種類の腸内細菌のバランス

腸内フローラとは

人間の消化管には1000種類の腸内細菌が住んでおり、糞便1gあたりに1000個程細菌がいるとされますが、腸内フローラとはそれら腸内に住む細菌の生態系を指します。

腸内フローラのバランスは人間の健康に密接な関係があり現在も研究が進んでいます。

人間に限らず動物は腸内フローラが生体の生理作用に大きな影響を及ぼしていることが明らかになっています。

健康な成人では一定の腸内フローラが安定的になっており、正常腸内フローラとも呼ばれますが、個体差が有り、双子でも腸内菌群は異なっています。

個人ごとではある程度一定のパターンがあり、腸内フローラは生後すぐに形成されるとされます。

年齢、消化管部位などで大きい構成は変化し食習慣の違いもあり腸内フローラと生体消化管と腸内フローラの関係は相互に影響を与えます。

個体差以外には腸管運動、消化酵素の分泌などの腸管の生理状態、食餌成分、薬物、生活環境による物理的、精神的ストレスによる影響も大きいとされます。

また、外部から侵入する病原微生物による感染も腸内フローラ構成菌に影響を与えます。

腸内フローラは宿主にとって有益にも有害にも働き、有益な機能として外来病原菌の排除や免疫賦活作用、消化・吸収の補助があり、腸内環境が悪化した時には腸内菌の代謝による毒性物質、発ガン物質の生成、腸内に定着している日和見感染菌による感染症などがあります。

炎症性腸疾患、腸管腫瘍、食物アレルギー、多発性硬化症、リュウマチ、メタボリックシンドロームなど多くの病態は腸内フローラが病気の発症にいかに重要な働きをしています。

腸内フローラの腸内菌の代謝による影響

生物は生存の為にエネルギーを取得し代謝をしてエネルギーを取り出していますが、腸内菌は経口的に摂取された食事成分を分解して代謝をすることで酵素を産生し、その酵素類は肝臓に存在する酵素類よりも多く存在します。

また、人体に有害な悪玉菌は代謝をすると腸内腐敗産物や有機酸を産生することから糞便のpHや水分含量とともに腸内環境を悪化させます。

腸内腐敗産物の生成を調整する要因として食事成分、腸管運動、腸内環境のを正常化に関係があります。

腸内腐敗産物は、蛋白質の摂取により有害な悪玉菌による腐敗を起こすための時間、蛋白質を分解するための酵素などの関係が多いとされます。

胃酸の分泌が悪い状態で腸管運動が低下すると食事成分の排泄速度が低下し、糞便中の粗蛋白質量が増加し大腸菌など有害菌が多く、乳酸産生菌の少ない腸内フローラでは腸内腐敗が進みます。

このような腸内環境改善のため善玉菌のような有益菌の摂取と善玉菌を増やす事が有効です。

個体による腸内細菌の違いからくる腸内代謝の違いは胆汁酸の代謝は肝臓から分泌される胆汁酸が腸内菌により一次胆汁酸となり、腸内菌により二次胆汁酸となります。

二次胆汁酸のうちデオキシコール酸やリトコール酸は発ガン性の高い物質となり、高脂肪食の飲食は胆汁酸の分泌が増進し、悪玉菌が多い人は癌になる可能性が高まります。

約半数の成人の腸内では高脂肪食を摂取した場合に発ガンリスクの高くなるそうです。

腸内フローラと肥満

腸内フローラが悪玉菌が優勢になると食物を人体がエネルギーとして利用しやすい型に変換することで肥満になりやすいという考え方があります。

その他、糖尿病や高血圧などのメタボリックシンドロームと腸内フローラの関係もあると考えられています。

腸内フローラと感染

従来の細菌と人体の関係は抗生物質や消毒などアンチバイオティクスと言う排除を主眼とした考えでした。

人体に有益な腸内細菌もいると考えられるようになり、腸内フローラの有益な面としての外来病原菌の排除機構について、例えば大腸菌O157の感染の防御などが注目を集めています。

飲食などで口から侵入したO157は胃酸と胆汁酸のバリヤーを通過して大腸に到達し、増殖をはじめますが、腸管の蛇動運動により排除されたり免疫により排除されます。

しかし、排泄速度より病原菌の分裂・増殖速度が速ければ腸内に一定の病原菌が定着します。

病原菌は腸管粘膜上皮細胞をおおう粘液層に定着を試み、すでに定着している常在菌との間に、定着の場、栄養素、抑制物質の産生により競合が起こります。

O157による感染は乳幼児と高齢者に多く、ちょうど腸内フローラが変動しやすい時期と一致することからもうかがえます。

O157を排除できるメカニズムは、善玉菌の産生する酢酸と乳酸が嫌気状態でO157の運動が抑制されることです。

腸内フローラと健康

腸内フローラを良好な状態にするには、食事、腸管運動、腸内フローラ細菌構成が鍵となり経口的に摂取さらたものは腸内菌の代謝により栄養成分、機能性成分、毒性成分が生成されます。

これらの成分が、腸管機能、免疫機能、代謝機能、神経機能に影響を及ぼすことから考えると、いかに腸内フローラのバランスを善玉菌優勢な環境にし有益な代謝物を産生させるかが大事なことがわかります。

乳酸菌サプリ

PAGE TOP ↑