腸内環境改善法|細菌バランスを最適な状態にすることで得られる効果はたくさん

人間には免疫と言う防御機能が備わっており、免疫組織の約7割が腸に集中しているとされます。

つまり腸内環境は、いかに人間が健康に暮らすかと密接な関係があるのです。

免疫は外部から侵入する細菌やウィルスを排除しますが、腸内には免疫に排除されずに生息する細菌が存在し腸内細菌と呼ばれています。

腸内細菌の中でも、人体に有益な菌は善玉菌とよばれていますがこの菌は免疫を活性化させます。

免疫は身体に有害か無害か自己か非自己かを区別して、有害なものや非自己を排除させるというシステムです。

この免疫システムはこの腸内細菌によって影響を受け、腸内環境を改善するためには、腸内細菌のバランスを善玉菌優勢に常に保つ必要があります。

便でわかる腸内環境の状態

自分の便、うんちの状態で腸内環境を知ることができます。

便は硬かったり下痢になったりしますね、健康な便は、水分が80%で残りの20%が食べかすと生きた腸内細菌、であり、腸粘膜のはがれおちたもので構成されています。

便1グラムの中には、約1兆個もの腸内細菌が含まれており、便の形や色、臭いでその人の腸内フローラの状態がわかります。

善玉菌が優位な便は、色は黄土色で形や大きさはバナナ1個分硬さは練り歯磨き粉程度とされます。

悪玉菌が優位な便は、色は黒褐色で硬い上に量が少なく、刺激臭がありこのような時は便秘になっている可能性があります。

水状の便の場合、水様便、下痢状の場合は、悪玉菌が優勢で硬い状態(便秘)と水状(下痢)が交互に起こる場合、腸内の水分吸収に異常が生じている可能性があります。

このように、腸内環境が良い状態か悪い状態かは排泄物、つまりうんちでわかるのです。

腸内環境改善法

善玉菌や善玉菌を増やす食事をする

発酵食品には善玉菌が多く含まれるのでできるだけ多く摂取しましょう。

また、オリゴ糖や食物繊維は善玉菌を増やす成分なので、できるだけ摂取するようにしましょう

また、食物繊維は腸内で水分を吸収するので、便を軟らかくしてくれます。

悪玉菌を増やす食物を控える

逆に高タンパク質・高脂肪の食事は、悪玉菌の栄養源となり増やさないようにこれらの摂取は控えましょう。

悪玉菌は、特に動物性のタンパク質が好物なので、肉類は適度に摂取し、脂肪は消化不良を起こす可能性があるので控えましょう。

水分を多く摂るように心がける

水分が足りないと、腸内に便が長く留まり便秘の原因になります。

便が滞留すると悪玉菌が腐敗させ有害物質発生させ有害物質が腸から吸収されてしまいます。

1日にコップ8杯程度、約2リットルを目安に水を飲むようにしましょう。

決まった時間に食事をする

不規則に食事は、自律神経を乱し自律神経のみだれは免疫システムに悪影響をあたえるので注意しましょう。

できるだけ規則正しく時間に食事をするよう心がけましょう。

朝食をしっかりと食べる

朝食をしっかりと食べると、腸が刺激を受け便意が生じやすくなるので便秘にならないようになります。

極度の食事制限ダイエットはしない

ダイエットのために極度に食事を制限することは、便秘の慢性化につながるので、発酵食品や食物繊維の多い食品を食べるようにしましょう。

腸内環境を整える方法として、適度な運度も有効で軽い腹筋やウォーキングなどの有酸素運動がよいでしょう。

PAGE TOP ↑