腸内細菌の種類(人体に有益な善玉菌・人体に有害な悪玉菌・どちらでもない日和見菌)

医師

私達人間の腸内環境、腸内フローラには善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌と三種類に分類される菌が在住しています。

その全部ともなると膨大な数になってしまいますので、いくつかの代表される菌を紹介していきたいと思います。

善玉菌

・ビフィズス菌

町内環境を整える、代表的な善玉菌です。

このビフィズス菌は乳児の時に最も腸内に多い細菌で、年齢と共に減少していきます。

また老化以外にも偏った食生活や運動不足、睡眠不足やストレスなどでも減少しやすい腸内細菌です。

そのため私達は定期的に乳酸菌を摂取し、腸内の状態を整えるように意識しなければなりません。

悪玉菌

・ウェルシュ菌

食中毒の原因として有名な菌ですが、人間の小腸から大腸にも生息しています。

ウェルシュ菌は腸内のカスを腐らせ、アンモニアなどの有害物質を作り出します。

体調やお腹の具合が悪くなるとお腹にガスが溜まったり、そのガスが異常に臭いを発するのはこれが原因ですね。

また老化による加齢臭、体臭の原因もこのウェルシュ菌ではないかと言われています。

・ブドウ球菌

黄色ブドウ球菌とも呼ばれるブドウ球菌は、皮膚や粘膜にも存在しています。

一般的には人間に元から備わっている免疫力により特に害はありませんが、免疫力が低下すると様々な悪影響が出ることもあります。

因みに足の臭いなどの原因もこの菌であり、皮膚の表面で増殖してしまったブドウ球菌によって悪臭が出ているのです。

日和見菌

・大腸菌

病原菌として有名な大腸菌ですが、腸内にいる大腸菌の70%は害のない細菌なのです。

しかし日和見菌の大腸菌は腸内が悪性に偏ると他の悪玉菌と一緒に腸内の食べかすを腐敗させ、悪影響を及ぼし始めます。

こうなると腹痛が起こったり、嘔吐の症状が出たりするだけでなく、体臭が臭うようになったりという症状も出てきます。

オナラだけでなく何だか体が臭う……というような人は、まず腸内の状態の改善にも努めてみて下さい。

・バクテロイデス

バクテロイデスは日和見菌の代表とも言われる菌で、腸内にも多く存在します。

通常であればバクテロイデスは無害であるだけでなく、ビタミンの合成、病原菌が体内に入ってくるのを防いだり、感染予防に勤めている菌なのですが、悪玉に偏ると大腸菌と同じ働きをし始めます。

このように、腸内の状態が悪くなるとそれまで普通にいた日和見菌まで悪影響を及ぼすのです。

悪玉菌は完全には除去できませんので、いかに腸内環境を良い状態に保ち続けられるかが私達の健康のために大切なことと言えますね。

善玉菌の寿命はどのくらい?

善玉菌と呼ばれる乳酸菌やビフィズス菌は人間に様々な良い効果をもたらしますが、果たして腸内でどのくらい生きているのでしょうか?

一回、摂取すればもう良いのでしょうか?

その答えは、NOです。

乳酸菌やビフィズス菌が住んでいる場所

乳酸菌やビフィズス菌は、消化器官に住んでおり回腸から大腸までに住んでいます。

人間には外から侵入する細菌を排除する機能も有りますし、消化管では食物を分解するために強力な胃酸や消化酵素をだしますのでほとんどの細菌は腸まで届く前に死んでしまいます。

いったい何故?これら乳酸菌やビフィズス菌は人間の腸に住むことが出来るのでしょうか?

乳酸菌やビフィズス菌は、腸内細菌の中でも人間に有益な働きをする善玉菌に分類されています。

免疫は、外敵を排除する器官ですが有益なものは排除をしません。

また、消化器官は食物を分解するために胃酸が出されますが、殆どの細菌はこれで死滅しますが、腸に存在する善玉菌は胃酸や熱に負けない強い種類の菌種の為に腸で生きていけるのです。

この胃酸や熱などの過酷な環境でも負けずに腸まで届く菌種として、有胞子乳酸菌、植物性乳酸菌、ビフィズス菌などが存在します。

乳酸菌やビフィズス菌が腸にいれる期間

腸内では様々な細菌が生存をかけてお互いを排除しようとしており、そのような腸内の状態を腸内フローラといいます。

乳酸菌やビフィズス菌は腸まで届くと、この腸内フローラの中で生存するための戦いをしますが、だいたい1週間前後で便として排出されてしまうそうです。

そのため、定期的に善玉菌を摂取する事が必要なのです。

また、善玉菌はオリゴ糖や食物繊維は善玉菌を増やす栄養素なので、同時に摂ることで効果は倍増します。

PAGE TOP ↑