リラックス方法

「疲れを癒す!リラックス法」

その日の疲れはその日のうちに癒したいですよね。
リラックスすることによって安眠効果が生まれます。安眠することで疲れも癒せるので、効果倍増です。
寝る前の少しの時間で、疲れを癒してくれるリラックス法をいくつか紹介します。

1 ハーブティーやホットミルクなど温かい飲み物を飲む方法。

温かい飲み物を飲んでホッとした経験のある方は多いのではないでしょうか。
ハーブにはさまざまな効果があります。
特にラベンダーやカモミールには、リラックス効果と不眠解消の効果があります。
また血液循環を促進してくれるローズマリーや、ビタミンが多く含まれるローズヒップもおすすめです。
その日の気分で好きなハーブティーを選んではいかがですか?

2 アロマや香りを楽しむ方法。

好きな香りを楽しむ事にはリラックス効果があります。
アロマオイルやキャンドル、お香などの方法があり、手軽に楽しめることで人気です。
リラックス効果の高いことで知られるラベンダー系やさわやかな柑橘系の香りが特におすすめです。

3 音楽を聴く方法。

音楽は好みの部分が大きいので一概には言えませんが、クラシックや小鳥のさえずり、川のせせらぎなどの単調な音やスローペースな音がリラックス効果があると言われています。
オルゴールミュージックなども良いですね!
最近歯医者や病院でも処置室や手術室、分娩室などにヒーリングミュージックを流すところが増えて来ました。
ヒーリングミュージックを聴きつつ、ホットタオルを目や首の後ろなどに当てれば、リラックス効果倍増です。

また、部屋のインテリアでもリラックス効果を生み出すことが出来ます。
ブルーやグリーン、ベージュ、茶色で部屋を統一しましょう。
沢山の色味があるカラフルな部屋よりも、同系色にまとまった部屋の方が落ち着きますよね。
濃い色よりも薄くさりげない色を選ぶと更に良いです。
自然木を使った家具や畳もホッとさせてくれますね。

寝室のインテリアの参考にしてみてはいかがでしょうか。

快眠方法

「不眠知らず!快眠方法とは」
睡眠は、睡眠前の1時間によって左右されるといわれています。
快眠のポイントを紹介していきます。

ずばり副交感神経の働きが快眠を得る最大のポイントです。
副交感神経を優位にすることで、身体はリラックスモードに入り、疲れた体を回復してくれます。

副交感神経を優位にするために効果的なのが入浴です。
ぬるめのお湯(38~40℃)で胸の下まで浸かる半身浴をします。
深呼吸をし、20分程度ゆっくりと浸かります。
好みの香りの入浴剤があるとリラックス効果も高いです。
一度身体を芯から温めた後、湯上りに身体が冷えていく事で眠気を誘いやすくします。

反対に交感神経を刺激しないようにしましょう。
熱いお湯での入浴、シャワーだけでは逆効果です。
また、激しい運動や大きな音で音楽を聴くことはやめましょう。
パソコンやスマートフォンなどからブルーライトが出ており、浴びる事によって睡眠の質を妨げるので、睡眠前には電源を切るか触らないようにしましょう。
カフェインの含まれる物(コーヒー等)は摂らないようにしましょう。

寝室の環境を整えておくことも、快眠のために大切です。
光を付けて置く場合は、豆電球より間接照明を選びましょう。
湿度と室温を快適に保ちましょう。湿度は50~60%、室温は夏の場合28℃を超えてしまうと睡眠に支障が出てしまいます。
冬の場合は寝具で防寒が出来れば、室温はそれほど重要ではありません。
遮光カーテンやヒーリングミュージックを用意すると、更に快眠できるでしょう。
枕の高さや掛け物の重さも重要です!一度自分に合う枕を作ってみると良いですね。

また日頃の生活によって快眠を得ることが出来ます。
朝起きた時に太陽光を浴びることで体内時計を整えます。
出来れば毎日同じ時間に浴びるようにしましょう。
こうすることによって不眠になりづらいと言われています。

以上に気を付けると、ぐんと快眠に近づくことが出来ると思います。
睡眠の質により、疲れの取れ方や体調にも影響してしまいます。
快眠習慣を得て質の良い睡眠にしていきましょう。

PAGE TOP ↑