免疫のメカニズムと免疫力を高める方法

免疫のメカニズム

「病気から守ってくれる!免疫のメカニズム」

「免疫」とは何なのでしょうか。どのようなメカニズムで免疫反応が起こっているのか、アレルギーが起こる理由など簡潔にをまとめてみました。

免疫とは、誰しもが持っている人体を病原菌や細菌、ウイルスなどの侵入物から守る生体防御機能です。

まず自然免疫と獲得免疫の2つに分類されます。
自然免疫とは、生まれた時から備わっているもので、多くの病原菌や細菌を侵入しないように働いています。
体液や粘液(鼻水や涙)などの物理的・科学的な防御反応です。

まとめて白血球と呼ばれることの多い、好中球、マクロファージ、樹状細胞は異物(抗原)が侵入すると、異物を食べます。

獲得免疫とは、自然免疫では防御できずに生まれてから一度侵入を許してしまった病原体や細菌、毒素を記憶しておき、二回目の侵入を許さないシステムです。

司令官のT細胞を始め、ウイルス感染した細胞やがん細胞を直接殺すキラーT細胞、抗体を飛ばして攻撃するB細胞があります。

実はアレルギー反応は、この免疫のせいで起こるのです。
身体が異物と認識したものを、体外に出すという免疫反応です。
皮膚の痒みや痛み、鼻水、涙などを引き起こすことがあるために嫌われることも多いですが、大切な生体防御反応です。

この二つの防御反応があるおかげで、病気になる回数はかなり少なくなっています。

風邪を例にあげてみると、

鼻や喉から細菌が侵入する→のどに痛みを感じる(ウイルスが粘膜から入る)→寒気がしだす(自然免疫→獲得免疫に変更)→のどの痛みや熱が上がる(ウイルスが優勢な状態)→のどの痛みや熱が続く(体内でウイルスVS免疫が)→熱が下がり、のどの調子も良くなってくる(免疫がウイルスに勝利、終了)→完治(次に備えて待機)

と、なります。

体温の低下やストレスによって免疫が異常に低下すると、がんや感染症にかかりやすくなります。
上記の風邪の場合でも、熱が下がりづらかったり、完治が遅れたりするのです。
健康のために免疫はとても大事な役割をしてくれています。

免疫力を高める方法

「今日から試したい!免疫力を高める方法」

病気になりづらい身体になるために、免疫力を高めましょう。
免疫力を高めれば、風邪などにかかりにくくなり、がんなどの発症率も低下します。
ここでは免疫力を高める方法をまとめていきます。

実は免疫力と体温には、密接な関係があります。体温が0.5℃下がるだけで、35%の免疫力の低下があると言われています。
また、体温を高めて、がんや病気を予防する方法もあります。
冷えは万病の元という言葉にも頷けます。冷え性の方は、体温をあげるように心がけましょう。

また十分な睡眠をとることも重要です。
睡眠が足りないと体力の回復が十分に出来ず、免疫力も低下することがわかっています。
日頃忙しく睡眠をあまり摂ることのできない人は、昼寝を少しするだけでも全然違います。
十分な睡眠で、免疫力を高めましょう。

良く笑うと交感神経、副交感神経に良い作用をもたらすことで、免疫力が高まります。
それだけでなく、血液の流れを良くしたり、血圧を下げるなど、体にいい効果が沢山あります。
逆にストレスを感じると、交感神経が高まり免疫力が低下してしまいます。
出来る限りストレスを溜めこまないようにしましょう。

また免疫力は食事によって大きく左右されます。
食事は健康の基礎です。偏食をせずに毎食をバランスよく摂るようにしましょう。
特に野菜類は、多くの食材を食事に取り入れると良いですね。

免疫力を高める食材ももちろん存在します。

生姜や唐辛子、納豆やバナナは体温を高める効果があります。
その他にもブルーベリーやシナモン、キノコ類、サツマイモ、にんにく、キャベツ、ブロッコリーにも免疫力を高める効果があります。
普段の食事に少しプラスすると免疫力アップが期待できるでしょう。

飲酒や喫煙を控える事も大切です。
特に連日の過度な飲酒は、免疫以外にも支障をきたすことがあります。
喫煙により、肺の免疫機能の肺胞マクロファージの機能が低下し、肺がんのリスクが高くなります。
もちろん受動喫煙でも同じく機能が低下します。

免疫力を高めて、病気知らずの身体を目指しましょう。

PAGE TOP ↑