プロバイオテイクスの健康効果|腸内細菌の特性を利用し健康の増進をさせること

プロバイオティクスのプロは有用菌が有害菌を抑えることを意味し、反対語としてアンチバイオティクスがありこれは抗生物質を指します。

乳酸菌とビフィズス菌など人体に優的な菌はプロバイオティクスとされる菌種で、これら菌種の機能が多く研究結果として報告されています。

プロバイオティクスに分類される微生物として酵母、グラム陰性細菌の中にも一部菌種がありますが、グラム陽性の乳酸菌などについて解説致します。

プロバイオティクスとは、腸内フローラバランスの改善を通して宿主に有益に働く生菌添加物と定義されていましたが、現在では「宿主の健康や栄養に優位に働く生菌剤または培養乳製品」とし、腸管に限定せず宿主の身体全体に健康効果を示す生菌も含めています。

便秘などで大腸に便が滞留すると腐敗菌が有害物質を産出し細胞の老化を速める原因になってしまいます。

プロバイオティクスに合致する善玉菌を毎日摂取すると腐敗菌の増殖が抑制されて乳酸菌が優勢となり、整腸作用が働いて老化、老衰の速度が遅くなると考えられています。

現在ではプロバイオティクスに関する研究が進み、プロバイオティクスの健康効果について数多くの事が明らかになっています。

微生物の発酵により生成された菌体成分や有効物質が、人体に対してプラスの健康機能をもたらすことは現在では一般的に広く知られています。

プロバイオティクスは血圧降下、免疫賦活、アレルギー改善、血中コレステロール低下、整腸、抗変異原性、抗腫瘍作用、感染予防、老化防止など様々な効果が期待されています。

善玉菌本体だけではなく細胞壁を構成するペプチドグリカン、テイコ酸、リポテイコ酸、菌体外多糖などにも一定の効果が認められています。

腸管免疫系に働きかけることで免疫賦活の作用に優れた菌種も発見され腸管フローラによる腸内環境改善効果だけではなく、免疫系への作用解明が活発になされてます。

プロバイオティクスの効果

整腸効果

プロバイオティクスの腸内環境に資する効果は、整腸作用として古くから知られています。

整腸作用は乳酸菌やビフィズス菌など善玉菌がこれに該当するがこのメカニズムは明らかになっています。

乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌は、代謝をして生命維持に必要なエネルギーを糖の分解により得ており、これをしないと代謝は停止し、死滅してしまいます。

そのため善玉菌は、これら代謝の過程で乳酸を産生し、乳酸を産生する細菌の総称を乳酸菌と言います。

人間の腸管で、乳酸菌やビフィズス菌が乳酸を産生しますが、産生された乳酸は整腸効果を発揮します。

乳酸菌やビフィズス菌など善玉菌により腸管内で産生された乳酸は大腸の上行結腸や横行結腸で他の細菌による資化が盛んに進み、pHを低くして有害細菌の生育が抑制します。

また、プロバイオティクスが抗菌性のペプチドであるバクテリオシンを生産することも最近明らかになりました。

腸管内で腐敗菌の増殖を抑え、乳酸の示す抗菌性は酢酸よりも強いので、腸管におけるpHを局所的に低下させることにより病原性微生物の生育性抑制され、結果として腸内菌叢の改善するのです。

その他、プロバイオティクスの細胞壁が有害物を吸着し、排出に導く作用のあることも明らかになり死菌体においても同じ現象があり死んでいる菌体も健康に資することがわかりました。

免疫の活性化

免疫システムは、先天的な自然免疫と後天的に生じる獲得免疫の2種類があり、自然免疫は昆虫からヒトまで広く保有され、獲得免疫はヒトなどの高等動物にしか存在しません。

自然免疫に関する細胞は外界から細菌などに対処し、獲得免疫を活性化させるなど相互に連携しています。

プロバイオティクスの場合は、腸管免疫組織内に到達して、腸管免疫系や全身免疫系に影響を及ぼします。

腸管に到達した善玉菌は様々な免疫細胞に作用し、T細胞の活性化、腸管上皮細胞の増殖、IgA産生の促進、炎症の抑制といった働きをします。

他にもプロバイオティクスが腸管バリア機能を活性化させ、病原菌の体内への侵入を防ぎ、腸管粘膜および全身性免疫の炎症抑制、慢性炎症の軽減、抗酸化効果、抗変異原性の発揮することも明らかになりました。

PAGE TOP ↑