善玉菌を増やす方法(オリゴ糖・食物繊維)

野菜

細菌を体内や周辺から排除する考えをアンティバイオティクスと言いますが、それとは逆に人間に役立つ細菌を体内に取り入れ役立てると言う考え方をプロバイオティクスと言います。

腸内に飲食物を通して乳酸菌やビフィズス菌を摂りこんで健康にとって理想的な腸内細菌のバランスにしようと言う考え方です。

プロバイオティクスの一般的な方法としては、乳酸菌やビフィズス菌の入ったヨーグルトや健康食品を食べると言う考え方です。

これらの有益な細菌は善玉菌と呼ばれていますが、胃酸で死んでしまうものも有りますが、これらの菌体成分もプロバイオティクスとしての働きをすることが分かっているので無駄にはなりません。

また、善玉菌の種類によっては胃酸や熱に負けずに腸まで生きて届くものもあるのでそのようなものを選ぶと良いでしょう。

これら腸内にいる善玉菌を増やす成分を取り込むことで、腸内の善玉菌を増やす事ができますが、これをプレバイオティクスと言います。

プレバイオティクス

腸内には人体に有益な善玉菌から有害な悪玉菌まで様々な細菌が共存しています。

人間の口から入った栄養素は、ほとんどが腸内で分解・消化されてしまいます。

ほとんどが大腸に住んでいる善玉菌はどこから栄養を摂取しているのでしょうか?

栄養素には、タンパク質、脂質、糖質とありますがこれらは人間が生きていく上で必要な三大栄養素と呼ばれ必ず摂取しなければならない栄養素です。

糖質も同様に分解消化されるのですが、中には腸内で分解されずにまた、吸収もされずに腸まで届く成分があります。

これら、消化されずに腸まで届く成分を難消化性物質と呼ばれ、オリゴ糖と食物繊維はこれにあたります。

オリゴ糖と食物繊維は、腸で吸収されずに届き人間の栄養にはなりませんが、大腸まで届くと善玉菌の栄養源となり善玉菌を増やす増殖因子と呼ばれています。

これら、善玉菌増殖因子はプレバイオティクスと呼ばれプロバイオティクスを促進される成分として現在では広く認識されています。

オリゴ糖

三大栄養素の内、糖質は人間のエネルギーになる成分で吸収されると血液に乗って細胞に補給され活動するためのエネルギー源になります。

糖の最小単位は、単糖と呼ばれこれはブドウ糖などがそれにあたり、単糖が複数結合されるものを多糖類と呼ばれオリゴ糖はこれにあたります。

オリゴ糖はこの単糖が2~20個程結合されたもので、プレバイオティクスとして腸内環境を改善する善玉菌のエネルギーになることで知られています。

実際、日本栄養食糧学会のデータによるとオリゴ糖を飲む前と1週間後の腸内のビフィズス菌の占める割合を調べたところ飲む前は17.8%だったところ38.7%までに増えたとされます。

ただし、オリゴ糖の摂取を止めると元の数値に戻ってしまうので、摂取をし続ける必要があるようです。

また、通常の糖は口内の虫歯菌の栄養素となり、虫歯菌が代謝物として出す酸が歯を溶かし虫歯の原因となりますが、オリゴ糖はこの虫歯菌の栄養源にならないので虫歯にならない甘味料としても知られています。

また、人間には吸収されないので糖尿病など食事制限のある人にも安心してお召し上がりになれる甘味料として重宝されています。

赤ちゃんは生後すぐビフィズス菌が住み増殖しますが、そのビフィズス菌の増殖因子としてオリゴ糖が発見されることでその存在が明らかになりました。

オリゴ糖は、動物の乳にも含まれるほか、ゴボウ、たまねぎ、大豆や甜菜からも生成されています。

オリゴ糖は善玉菌を増殖させるので、その効果である便秘の解消やアレルギーの改善、免疫力の向上を促進させることが期待できます。

食物繊維

食物繊維は不溶性食物繊維と水様性食物繊維がありますが、どちらも水を吸収し内容物の量を増やすので腸を活性化させたり、その吸着性から有害物質を吸着し排出するデトックス効果が認められています。

このほか、難消化性で人に吸収されず腸まで届き善玉菌のエネルギーになることからオリゴ糖と同様に善玉菌を増やす効果があります。

乳酸菌サプリ

PAGE TOP ↑