乳酸菌の種類|発酵食品の加工工程で使用され、腸内では乳酸を生成し健康に貢献

研究者

乳酸菌と言うと、ビフィズス菌が一番に思いつく人がいるかと思いますが、細かく言うとビフィズス菌は乳酸菌の種類であって「乳酸菌そのもの」ではありません。

乳酸菌とは糖類を発酵分解することによって乳酸を作る細菌の総称なのです。

ですからビフィズス菌は乳酸菌の一部であり、そのものであるというと少し違うことになりますね。

因みに人間の町内には約100種類ほどの細菌が在住しており、その内の40種類が乳酸菌であると言われています。

そしてその内に善玉菌と呼ばれる乳酸菌と悪玉菌と呼ばれる乳酸菌が有り、このバランスが崩れるとお腹を壊したり、体調不良を起こしたりするのです。

善玉菌の乳酸菌は主に町内環境を整え、便秘や肌荒れなどの体調を改善してくれることはご存じであるかと思いますが、乳酸菌には「植物性」と「動物性」があることは知っていますか?

乳酸菌という名前からか、ヨーグルトに多く含まれているという触れ込みが多いからなのか、乳酸菌は乳製品にだけ含まれていると勘違いしている人もいますが、そんなことはありません。

一時期、植物性乳酸菌飲料・ラブレが話題になったように植物性の乳酸菌が含まれている食べ物も多く存在します。

最初に言った通り、乳酸菌は糖分を発酵させて乳酸を作る菌、もっと詳しく言うと糖分を発酵させて分解させ、乳酸と呼ばれる有機酸を作り出す菌のことを呼ぶのです。

尚、植物性乳酸菌は動物性の乳酸菌よりも多くの食べ物に含まれています。

ここで植物性の乳酸菌の特徴と、動物性の乳酸菌の特徴を紹介しましょう。

植物性乳酸菌

主に漬物などの発酵食品、味噌醤油などを含めて、植物性の食べ物に含まれている。

栄養素の低い場所でも生息可能。

他の細菌と共存できる。

胃液などにも強いので、生きて腸まで届きやすい。

動物性乳酸菌

主に乳製品に含まれている。

栄養素(乳糖)が低い場所だと死にやすい。

他の共存できず、単独で生息。

非常に分解されやすく、摂取しても腸内まで届きにくい。

比較してみると違いが分かりやすいかと思います。

これだけを見ていると植物性乳酸菌の方が摂取するメリットが大きいように見えますが、そうではありません。

一見すると動物性乳酸菌は弱い菌のように見えますが、腸内までたどり着くことができればその整腸効果は植物製のものよりも遥かに高いのです。

また他の乳酸菌を活性化させる働きもありますので、一概にどちらかだけ摂取すれば良い、というものではありません。

また乳酸菌は定期的に摂取しないと体の外に排出されてしまいますので、植物性も動物性もどちらもバランス良く、定期的に摂取しましょう。

胃酸に負けない強い乳酸菌

胃の働き

口から入った食べ物は、歯で細かくされ唾液と混ぜられ食道を通り胃に流し込まれます。

胃ではタンパク質を分解する強力な酸でかくはんされ、食物をどろどろの状態に溶かすとともに口から入った雑菌などもここで殺菌されます。

つまり、胃は食物の消化という役割に加え、外から侵入する病原菌を防ぐ役割も担っているのです。

胃液とは

胃での消化では胃液と呼ばれる塩酸から成る強力な酸と、ペプシンやリパーゼなどの消化酵素により食物を消化します。

この胃液は毎日1.5リットルもの量が消化や殺菌の為に分泌されています。

この胃液を構成する成分のうちのひとつ胃酸は、強力な酸からなっておりこの消化はもちろん殆どの細菌がこの胃酸に晒されると死滅します。

胃酸はどのようなタンパク質でも溶かしてしまいますが、胃が溶けてしまわないのは胃が胃酸を中和する粘液で保護されているからです。

胃を覆う粘膜にはアルカリ性を示す炭酸水素ナトリウムが含まれており、胃酸と混ざると中性になることから胃酸により溶けないのです。

胃酸でも死滅しない強い乳酸菌

さて、人間の腸内には腸内細菌と呼ばれる細菌が住んでいますが、これら腸内細菌はもちろん生まれつき存在するわけではなく口から入って腸で増殖した細菌です。

腸内細菌でも健康の助ける細菌は善玉菌と呼ばれ乳酸菌やビフィズス菌などがこれにあたりますが、どのように胃酸の中を生きてたどりついたのでしょうか?

実は、市販のヨーグルトなどに含まれる乳酸菌などは、多くが胃酸により死滅してしまい腸まで届きません。

胃酸に負けずに腸まで届く乳酸菌は限られており、それらは様々な特徴があるのです。

では、代表的な胃酸に負けない強い善玉菌を紹介します。

有胞子乳酸菌

この乳酸菌は、生存に厳しい環境では硬い殻に守られた胞子の中で過ごし、生存に適した環境になると胞子を脱いで増殖するタイプなので、胃酸に負けない数少ない菌種のうちの一つです。

植物性乳酸菌

乳製品に含まれる乳酸菌は栄養豊富で適温であるためめぐまれた環境であるものの、人体の体内のような過酷な環境では生存できない弱い菌種がほとんどです。

植物性乳酸菌は、もともとが高塩分で低い栄養価の環境で生存している厳しい環境などでも適応できる強い菌種なので、腸内のような強力な酸の中も死なずに腸まで届く強い菌種です。

ビフィズス菌

もともとが腸内に存在する常在菌で、哺乳類の腸内を生息地としている菌なので、人間の腸内とも相性が良く、生きて腸まで届き増殖する事が可能です。

このように一口に乳酸菌と言っても実際に腸まで届くものは限られており、健康の為に摂取をするならば乳酸菌の種類はしっかり選ばなければ意味の無い物となってしまいます。

関連記事

有胞子乳酸菌|過酷な環境では胞子の殻に守られ、胃酸や熱に負けない強い細菌

有胞子性乳酸菌とは、胞子の殻でしっかりと守られている乳酸菌の総称です。 一般的なものでは、サプリメントや乳酸菌飲料に含まれています。 ではこの有胞子乳酸菌、胞子の殻があることで一体どんな働きをしてくれるのでしょうか? 実 […]

ビフィズス菌|哺乳類の腸内に生息する人間の腸と相性の良い菌

ヨーグルトを始めとした乳製品の売り文句でよく見かける「乳酸菌」と「ビフィズス菌」の二つですが、全く違うものなのか、それとも同じものなのか、何だか分からないという方が良くいらっしゃいます。 そのため、ビフィズス菌の説明と並 […]

ラブレ菌(植物性乳酸菌)|栄養の少ない過酷な環境でも生き残れる強い菌

京野菜の一つに、すぐき、というカブの種類があります。 これを漬物にした「すぐき漬け」は長年京都で愛されてきました。 この「すぐき漬け」から植物性乳酸菌「ラブレ」を発見したのが、ルイ・パストゥール医学研究センターの岸田綱太 […]

出典:日本乳酸菌学会

PAGE TOP ↑