有胞子乳酸菌|過酷な環境では胞子の殻に守られ、胃酸や熱に負けない強い細菌

乳酸菌

有胞子性乳酸菌とは、胞子の殻でしっかりと守られている乳酸菌の総称です。

一般的なものでは、サプリメントや乳酸菌飲料に含まれています。

ではこの有胞子乳酸菌、胞子の殻があることで一体どんな働きをしてくれるのでしょうか?

実はこの「殻で覆われている」ということが重要なのです。

乳酸菌というものは、一般的には摂取しても全てが腸に届くわけではありません。

乳酸菌は酵素に弱く、胃酸や消化酵素によって腸に到達する前に死んでしまうのです。

しかし有胞子乳酸菌は胞子による殻で覆われ、守られています。

そのため胃液などでも溶かされることなく、生きて腸内まで届けられます。

しかもこの殻、胞子は腸内で発芽して乳酸菌が出てくるだけでなく、活発に活動し始めるのです。

胞子は乳酸菌を覆って胃に入ります。

胃では消化を行うので胃液を出したり、消化酵素が食べ物に働きかけます。

ここで胃酸などの刺激を受けて、ちょうど腸内で増殖するようになっているのが有胞子乳酸菌の特徴です。

しかも有胞子乳酸菌は腸内で乳酸を活発に作り出し、腸内を弱酸性に保ちます。

この有胞子乳酸菌の働きにより弱酸性に保たれた腸内では、ウェルシュ菌に代表される悪玉菌の活動が押さえ込まれます。

その上他の善玉菌が動きやすい状況になるため、腸内フローラが良い方向に保たれるようになるのです。

乳酸菌というもの、主に動物性の乳酸菌は熱にも酸にも弱いという特徴があります。

熱を持った体内、胃酸に代表される酸性の液体により乳酸菌の多くは腸に届く前に死滅し、排泄物として処理されてしまうのです。

そのため乳酸菌は人体に必要なものでありながら摂取しても腸内に届きにくく、上手く摂取できないという欠点があります。

しかし有胞子乳酸菌は胞子によって守られているのでその欠点は補われ、どのような食品にも利用することが可能になっています。

そのため熱を加えて加工されている子供のお菓子などにも含まれているので摂取しやすいという特徴があります。

また乾燥にも強いのでサプリメントなどの錠剤にすることも可能です。

腸内に届きやすいだけでなく、摂取も簡単にできるのが有胞子乳酸菌の最大の特徴と言えるでしょう。

因みにこの有胞子乳酸菌を摂取することによって腸内環境が良性に保たれると、腐敗臭、アンモニア臭が排泄物から減少するという効果があります。

排泄物、体内によるガスが臭うのは当然のことですが、もし最近悪臭が強くなってきたと感じる人はこの有胞子乳酸菌を摂取してみてはどうでしょうか。

PAGE TOP ↑