ビフィズス菌|哺乳類の腸内に生息する人間の腸と相性の良い菌

ビフィズス菌

ヨーグルトを始めとした乳製品の売り文句でよく見かける「乳酸菌」と「ビフィズス菌」の二つですが、全く違うものなのか、それとも同じものなのか、何だか分からないという方が良くいらっしゃいます。

そのため、ビフィズス菌の説明と並行して、乳酸菌とビフィズス菌の違いについても解説していきましょう。

まず乳酸菌もビフィズス菌も、人間の腸内に生息する善玉菌の一種です。

この乳酸菌ですが、腸内で成長効果をもたらす、腸内フローラを良い方向に保つなどの働きをする、などの働きをするものの総称として「善玉菌」と呼びます。

ですからビフィズス菌も乳酸菌と同じ善玉菌、即ち乳酸菌とビフィズス菌は同じものであり、名前と働きが違うだけなのです。

ではその働きの違いとは?

まず違うのが、腸内で生成する物質です。

乳酸菌は腸内で糖を分解し、乳酸を多く作り出します。

それに対してビフィズス菌は乳酸に加えて酢酸を作り出します。

この酢酸を生成する働きこそが、ビフィズス菌が善玉菌であるが所以です。

酢には殺菌作用があることは知っていますか?

ビフィズス菌によって作り出された酢酸にも、高い殺菌力があります。

この酢酸は腸内で悪玉菌の繁殖を抑え、腸内の状態を良いものに変える、もしくは改善します。

腸で殺菌作用のある酢酸を作り出してくれるビフィズス菌は、私達にとって重要な菌なのですね。

しかし「それなら酢を飲めばいいのでは?」と思われてしまうかもしれません。

が、摂取された酢は消化吸収され、腸内まで届くことはほぼありません。

酢酸の殺菌効果を期待するなら、ビフィズス菌を定期的に摂取することが大切なのです。

因みにビフィズス菌の特徴として、人間の腸内で最も多い、という特徴が挙げられます。

乳酸菌もビフィズス菌も人間の腸内に生息していますが、ビフィズス菌は乳酸菌の100倍から多ければ10000倍も腸内に生息しています。

乳酸菌の種類、善玉菌の中でもビフィズス菌というのは私達人間の腸内に最も適した菌なのです。

このビフィズス菌ですが、乳幼児期が一番体内で多く生息しています。

そしてその後、老化によって段々とその数は減っていきます。

それだけでなく、ストレスや食生活、私生活の乱れでもビフィズス菌は簡単に減少してしまいます。

ビフィズス菌は人間の腸内に有益な細菌ですので、食生活やストレスには気を付け、歳を重ねて行っても減少しないように、定期的にビフィズス菌を摂取することが腸内環境を良好に保つために大切なことです。

実験により証明されたその他の機能

  • ビフィズス菌の経口投与が乳中の抗ロタウイルスIgA産生および子マウスの下痢発症に及ぼす影響
  • ビフィズス菌摂取によるロタウイルス感染防御作用
  • IgG産生増強とインフルエンザ感染防御作用
  • ビフィズス菌の経口投与が血中抗インフルエンザウイルス
  • IgG産生およびインフルエンザ感染防御に及ぼす影響
PAGE TOP ↑