ラブレ菌(植物性乳酸菌)|栄養の少ない過酷な環境でも生き残れる強い菌

ラブレ菌

京野菜の一つに、すぐき、というカブの種類があります。

これを漬物にした「すぐき漬け」は長年京都で愛されてきました。

この「すぐき漬け」から植物性乳酸菌「ラブレ」を発見したのが、ルイ・パストゥール医学研究センターの岸田綱太郎博士です。

このラブレは日本で生まれた乳酸菌として話題を呼び、マスコミでも報道がなされるなど多くの人の注目を集めるようになりました。

今では「すぐき漬け」はアメリカでも健康のための「マジックピクルス」と呼ばれて注目されているほどです。

日本古来より親しまれてきた漬物が今まで誰にも知られることなく、新しい乳酸菌を生み出していたのですから、日本でも世界でも注目を浴びたのは当然かもしれません。

また植物性乳酸菌飲料「ラブレ」も女性の味方、手軽に乳酸菌を摂れる飲み物として有名になりましたね。

このラブレ、ラブレ菌の正式名称は【ラクトバチルス・ブレビスサブスピーシスコアギュランス】という長い名前があります。

ラブレはその一部を呼びやすく抜き出したものなのです。

植物性乳酸菌の多くは動物性乳酸菌とは違って生きて腸まで届きやすいので、摂取しやすいという大きなメリットがあります。

このラブレ菌、整腸作用や免疫力の向上効果がありますが、それはどういう原理なのでしょうか?

ラブレ菌は腸まで届くとリンパ球を刺激し始めます。

刺激されたリンパ球はインターフェロンαという物質を作ります。

このインターフェロンαが、ナチュラルキラー細胞を活性化させます。

そしてこのナチュラルキラー細胞こそが、私達の体にとってとても重要な働きをする細胞なのです。

このナチュラルキラー細胞は、がん細胞やウイルスに感染された細胞を排除してくれる働きを持っているのです。

そしてこのナチュラルキラー細胞を活性化させるインターフェロンα自体にも抗ガン作用の働きがあると言われています。

そのためラブレ菌は摂取することにより高い免疫力向上作用だけでなく、抗ガン作用も期待できるのです。

もともと乳酸菌自体が腸内の状態を改善し、排便を促します。

便は体内に留まると発酵し、悪玉菌によって腐敗臭のガスや人体に悪影響を及ぼす物質が生成されます。

これにより便秘は長く続くと大腸がんの原因にもなってしまいます。

もともと栄養をとった残りカスと、死滅した細胞の塊が大便ですから、腸内に溜まっていても良いことはないわけですね。

この排便作用、免疫力の向上、とラブレ菌は今注目を浴びている乳酸菌です。

体調が良くない人、風邪をひきやすい人、もしくは便秘気味の人はお手軽に摂取できる乳酸飲料、ラブレを摂取してみてはいかがでしょうか?

PAGE TOP ↑