肌の常在菌が洗いすぎでいなくなるとどうなるか?

公開日: 

droplets-87691_640

世界でも稀に見る綺麗好きな国民性のある日本人は、お風呂に1日1回は入るし髪も毎日洗います。

幼稚園や学校では手を良く洗いましょうと先生にも言われます。

特に冬場はウィルスが流行しますが、インフルエンザやノロウィルスなどの名がニュースに取り上げられると、母親が子供に良く手を洗いなさいと言う光景が各家庭でみられます。

実際、手を洗う事はウィルスや細菌の感染を防ぐには有効です。

しかし、過ぎたるは及ばざるがごとしと言いますが、薬用せっけんなどの殺菌効果の高い石鹸で、洗いすぎには注意しましょう。

手に付着した細菌やウィルスは水道水で10秒程度で洗浄できます。

人間の腸内には常在菌と呼ばれる人間に害を与えずに定着している細菌がありますが、皮膚にも同様に常在菌が存在します。

この常在菌は、健常な人には皮膚に害をなさないばかりか、他の雑菌の増殖を抑える皮膚を守る働きをしています。

皮膚の常在菌の種類には、表皮ブドウ球菌、黄色ブドウ球菌など様々な細菌が定着し、皮膚の脂肪を食べて脂肪酸の膜をつくることで皮膚を弱酸性に保っています。

一般の病原菌は酸性に弱いので、これら皮膚の常在菌が酸性に保つことで他の雑菌の増殖を防いでいます。

手の洗浄は大切ですが、殺菌効果の高い石鹸で皮膚を洗いすぎると手に付着している常在菌まで洗い流してしまいます。

過度な皮膚の洗浄は、皮膚の常在菌が作った皮膚膜が剥げ落ちて角質層に隙間ができてしまい、皮膚の組織にウィルスなどの病原菌が侵入する可能性があります。

また、皮膚の過剰な洗浄による角質層の隙間は、アレルゲンが侵入してアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の引き金にもなりかねません。

外出から帰ったら、手や顔を洗う事は大事ですが洗いすぎには注意しましょう。

これはうがいも同じで、殺菌作用の高いうがい薬などでの過度な洗浄も喉の常在菌まで死滅させてしまい、バリヤーが剥がれてしまうので注意しましょう。

日常的なうがいには、塩水やお茶でうがいをして、喉に痛みがある時だけうがい薬を使うようにしましょう。

皮膚を石鹸で洗うと皮膚の常在菌の9割が流されてしまうと言われており、健常者であると12時間程度で残った1割が増殖して元の状態に戻るとされます。

しかし、加齢とともにこの回復力がおとろえ、洗浄後24時間程度たたないと元に戻らないとされています。

1日に何度もお風呂に入る人がいますが、皮膚にはよくありませんので、お風呂は1日1回程度にしましょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑