お腹がすっきりしない

公開日:  最終更新日:2017/06/23

お腹がすっきりしない

便をしても何故かすっきりしない、便意があるのに出ない、便意が無いなど感じることはありませんか?

このようにお腹がすっきりしない時は、腸の活力が低下して便秘になったり、便秘により腸の活力が更に低下する悪循環に陥っている可能性があります。

腸内には人間と共存している細菌が多数存在し、人体に有益な腸内細菌は善玉菌、人体に有害な細菌を悪玉菌、どちらでもない菌を日和見菌と呼び人間と共存しています。

この中で、悪玉菌と呼ばれる腸内細菌がありますがこれらは人間が食べた脂質やタンパク質を分解しアンモニア、インドール、スカトールなどの有毒物質を腸内で生成します。

また、便が大腸に滞留していると悪玉菌がそれを腐敗させ有害物質を産生させ腸にダメージを与えます。

下剤や便秘薬の乱用も腸の活力を弱めます。

下剤にはアントラキノンと呼ばれるセンナや大黄に含まれる大腸に刺激を与えぜん動運動を活発にし便を排出させる成分が含まれていますが、これは刺激が強いので腸の活力を弱め大量に飲まなければで無くなり下剤依存症になります。

腸に活力を取り戻す方法

腸内には悪玉菌がいる一方で、善玉菌と呼ばれる乳酸菌やビフィズス菌に代表される菌が存在します。

この善玉菌が腸内で栄養を得ると有機酸と呼ばれる物質を産生し、これが腸から吸収されると腸に活力を与える上に、腸を酸性にするために酸性の環境では悪玉菌を減少させるため腸内環境も改善します。

善玉菌を摂取する事も大切ですが、善玉菌を増やすオリゴ糖や食物繊維も一緒に摂ることでより効果的になります。

これら善玉菌を増やす事で腸は活力を得て、再び動き出す事であなたのお腹をすっきりさせることでしょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑