便がカチカチでなかなか出ない

公開日:  最終更新日:2017/06/23

便が出ない女性

便が硬く力んでもなかなか出なくて、でても便が少なかったり、あまりの硬さに肛門が切れてしまったりしていませんか?

健康な便とは、色は黄土色で硬さは反練り状で水分をる程度含んだ状態なバナナのような便が理想です。

カチカチ便になる原因は、便秘などで便が滞留して水分が余分に吸収されることによりカチカチになってしまうことが殆どの原因です。

ですので、カチカチ便を解消するには便が大腸で滞留しないようにしなければなりません。

大腸で便が滞留するのは、腸の活力が低下して便を送り出し排出する能力が低下する事が原因です。

腸内環境の悪化は、腸内でアンモニア、スカトール、インドールなどを生成する悪玉菌と呼ばれる有害菌が増えることで腸にダメージを与え、腸が活力を失う事で便が大腸に滞留して、滞留する事で水分が余分に吸収され便がカチカチになるのです。

この悪循環が始まると下剤や便秘薬に頼ろうと言う流れになるのですが、下剤は大腸に刺激を与え無理やりぜん動運動を起こし便を排出しますが、強い薬のため次第に腸は麻痺して使う量も増え下剤依存症になってしまいます。

下剤依存症になると腸の活力は更に弱まり、更に薬に頼ると言う悪循環に陥ってしまいます。

ですので、できれば薬ではなく食品に含まれる栄養成分で腸内環境の改善をして腸の活力を取り戻したいところです。

腸内環境の改善には、善玉菌と呼ばれる人体に有益な働きをする腸内細菌である乳酸菌やビフィズス菌、そして善玉菌のエネルギー源となるオリゴ糖も併せて摂取する事をおすすめします。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑